Live Chat

シングルセルマルチオミクス解析の成功への道とは? イルミナ共催ウェビナー

開催日時 2020/09/01 15:00 – 16:00 (日本時間)

発表1:シングルセルオミクスを用いたプロジェクトの紹介

本ウェビナーでは、現在市販されている代表的なシングルセルプラットフォームの比較・選択方法、DolomiteBioのNadia Innovateを用いた条件検討やデータ生成の最適化の具体的な例の紹介、scNuc-seqの核抽出ステップをS2 Genomics SingulatorとNadiaを併用して核の品質を決定する方法やNadiaプラットフォームの長所・短所について解説します。

理化学研究所 生命医科学研究センター
エピゲノム技術研究チーム チームリーダー
蓑田 亜希子 先生

老化に伴う組織細胞のクロマチン・分子機構解明を目指しています。シングルセル・オミクス技術を用いることにより、組織を包括的に解析することが可能であり、膨大な情報が一度に得られることがこの技術の特徴です。シングルセル・オミクス技術は植物の組織にも応用しています(新学術領域研究「植物多能性幹細胞」)。

 

発表 2:シングルセル解析の可能性をさらに拡げる「Nadia&Innovate」

シングルセル解析用プラットフォームとしてDolomiteBioは、NadiaとNadia Innovateを開発しました。本システムによってscRNA-seq,scNuc-seqの他、植物プロトプラスト研究やハイドロゲルドロップレットを用いた細胞培養やFACSソートの前処理などが行え、マイクロ流体技術がバイオロジストにとってより身近で使い易いシステムになっています。本ウェビナーでは、Nadia&Innovateのシステム概要と仕様、主なアプリケーションをご紹介します。

  Blacktrace Japan株式会社
堀 功造

 

発表3:シングルセル解析に使用されるハイスループットシーケンサーNovaSeq 6000の試薬のアップデートについて

シングルセル解析には大量のリード数を低価格で取得することが必要とされる。特にシングルセルRNA-Seqなどでは、ショートリードのイルミナシーケンサーのうち、ハイスループットモデルのNextSeqシリーズやNovaSeq 6000が使用されることが多い。イルミナは、日本時間8/7にNovaSeq 6000の新しいバージョンの試薬のリリースを行った。この新しいバージョンでは、クオリティー値や使用期限の改善がおこなわれ、これまでよりも、より低価格での提供が可能になる。今回の発表では、新しいバージョンのNovaSeq 6000について紹介する。

 

 

イルミナ株式会社 シニアアプライドゲノミクススペシャリスト
小林 孝史様